2010東欧遠征 第6日目 Vol 8

7月26日 22時30分更新 (日本時間27日5時30分)

ベオグラードからサラエボへ

ボスニア ヘルツェゴビナ・サラエボ泊

ホテルから近くの
内戦いや戦争の跡が残る
セルビア・ベオグラード市内の建物
子供たちもカメラを向けていました。

今回クライオバから移動に
使っているバス 21人乗り 

ベオグラードからサラエボまでの移動、少しなめていました。
250㌔あまりなので4時間で着くと予想していましたが 山道、峠と続く険しい道のり、6時間!
下の写真はボスニアに入っての休憩タイム グッタリしているみんな。
しかし、ここからが長かった~ 永井ユウタ クルマ酔いでダウン(その後急速回復)

 

 

 

 

 

 

サラエボに到着後
明日の試合に備えて
ホテル近くの広場でトレーニング 

90分間 身体を動かしました。
 

6時間のドライブ後 すぐにいつもと変わらない動きをする彼らに。成長しているなあと 感じました。

ベオグラードに入るとルーマニア・クライオバとの気温差に驚いたのですが ここサラエボも15℃、聞けばこの数日でこの東欧は気温が急に下がったようです。

明日、午前は杉並アヤックス寺子屋塾の小池先生が組んでくれた サラエボのクラブと親善試合です。35分×3本の予定。

サラエボのホテルのディナー

三ツ星以上のホテルに泊まるに泊まるのは初日ブカレスト以来。
サラエボのホテルはかなり良いホテルで皆さんご満悦です。
ディナーはバイキング、こら!井口シュート君 最初からデザートのケーキはダメだよ。

子供たちの食欲は 上がってきているようです
しかし ラーメン喰いたい~ アジの開きに納豆!は日増しに増えていますね。仕方ないか?
by 杉沢

Posted by admin


PAGE TOP